「京」の時代の金融危機のとめどなき恐怖

執筆者:滝沢伯文 2008年12月号
エリア: 北米

いつの間にか「兆」では表せない額のマネーの渦に巻き込まれていた。金融による世界のメルトダウンはまだ止まっていない……。[シカゴ発]たとえ話から始めよう。地球から月までの距離は、およそ三十八万キロメートル。光なら一瞬のこの距離を、仮に一万円札を重ねてせっせと埋めるとしたら、一体いくら必要なのだろうか。銀行の帯封がかけられた新札百万円の厚さは一センチメートルだから、三京八千兆円(!)の札束を積まなければならない。まさに天文学的な数字だ。 だが、実は地上にはそれ以上のマネーが渦を巻く。デリバティブと呼ばれる金融派生商品の総額は、なんと六京円近いとみられるのだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順