宇宙“進出”に熱心な中国 狙いは衛星攻撃の予行?

2008年12月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中国・台湾

 中国は九月下旬、有人宇宙船「神舟七号」の打ち上げに成功したが、その目的は衛星攻撃兵器の実験ではないかとの見方が出ている。米国防総省の宇宙兵器専門家らが注目するのは、神舟七号に装着され、宇宙空間に放出された重量約三十キロの「伴飛小衛星」。「伴飛小衛星」の役割について中国当局は「平和的な探査衛星」とし、搭載カメラと送信装置を使って、飛行中の神舟七号の画像を地上に送っていると説明していた。 しかし、前出の専門家らは「伴飛小衛星」が国際宇宙ステーション(ISS)の近くまで接近したことなどから、ISSを標的とするシミュレーション作戦を試みたのではないかと推測している。 また、ワシントンのシンクタンク「国際評価戦略センター」の宇宙兵器研究員も、「伴飛小衛星」について「衛星攻撃兵器のプロトタイプ(試作品)の可能性がある」と指摘する。 中国が昨年、弾道ミサイルを発射し、自国の人工衛星を破壊する実験に成功していることなどから、同研究員は「中国は宇宙空間で軍事目的の幅広い戦略計画を立案しており、神舟七号と『伴飛小衛星』は衛星攻撃兵器の開発を目指す計画の一環ではないか」と見ている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順