ベーブ・ルース死後60年に飛び出した「ふたつの新証言」

執筆者:ブラッド・レフトン 2008年12月号
カテゴリ: スポーツ

 野球界の偉人ベーブ・ルースの死から六十年の今年、ふたつの「新証言」が取り上げられ、その存在がいまだにアメリカの人々の意識のなかで大きいことがあらためて示された。 まずはアメリカ歯科協会報。五十三歳の若さで亡くなったルースの死因は、タバコと酒好きからかかったのどの癌という誰もが信じる通説を否定するものだった。ルースの大ファンである四十一歳のニューヨーク州の歯科医が、一年をかけて当時の記録を調べ直し、ルースは鼻咽頭腫瘍という北米では珍しい癌が原因で死亡したことを探り当てた。鼻咽頭とは鼻の後部、柔らかい口蓋の上部にある。 このウィリアム・マロニー医師による研究は、ルースの生涯のなかで痛ましかったはずの時期でも、ルースは医師たちを思いやり、薬物の治験に進んで協力し、他の人々を助けようとした、勇気と人間味あふれる人物だったことを明らかにした。ルースは、それまで人間には投与されたことのない薬物の治験の実験台となったのだ。多くの医師が反対した治験だった。 マロニー医師はルースに新たな尊敬の念を抱いたという。「私は今までルースを球場での巨人と見ていたが、今は球場外でも巨人だと見直した」と。 もうひとつの証言は、ニューヨークタイムズ紙が掲載した。あのあまりにも有名な「予告ホームラン」にまつわるものだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
ブラッド・レフトン 1962年、米ミズーリ州セントルイス生れ。地元ラジオ局で大リーグ取材に携わった後、92年ミシガン大学で修士号取得。その後、NHKの番組制作に携わるため来日。96年帰国。現在、日米両国の雑誌やテレビでフリージャーナリストとして活躍中。NHKの日本人メジャーリーガーの取材にも協力している。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順