認可「外」保育所にも学べ「上から目線」はもうたくさん

執筆者:渥美由喜 2008年12月号
カテゴリ: 経済政策・社会保障
エリア: 日本

 二〇〇八年四月、民間の認可保育所数は、公立を初めて上回った。一方で、認可外保育所は伸び悩んでいる。これは、国の財政支援が認可保育所に偏っているからだ。 厚生労働省は、「認可保育所へ入所できなければ、質の保障も公費投入も得られないというのは、公平性に欠ける」という問題意識の下、認可外保育施設の質の向上に対する支援を強化すべきという方針を打ち出した。公平性に欠けるという現状認識を示したことは一歩前進だが、相変わらず「認可外は、認可よりも質が劣るから、引き上げてやろう」という「上から目線」を感じる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順