上海金融街に吹く中国人リストラの嵐

2008年12月号
エリア: 中国・台湾

 外資系金融機関で働く高給取りの中国人社員にリストラの嵐が吹き始めた。人民元高で広東省などの工場で働く労働者の大量解雇が相次いでいたが、米国発の金融危機でホワイトカラーにもリストラの波が及んだ格好だ。 アジアの金融センターを目指す上海の金融街には、開業間もない森ビル「上海ワールドフィナンシャルセンター」をはじめ高層ビルが林立する。中国が二〇〇一年の世界貿易機関(WTO)加盟で金融分野の開放を推進したことから、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほコーポレート銀行などの邦銀のほか、米シティバンクや英HSBCといった欧米の有名金融機関も軒並み業務を本格化した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順