先進国がすがる金融危機“直撃”を逃れた「よりマシ」なインド

2008年12月号

 景気後退の波がインドにも及んできた。代表的な株価指数であるSENSEXは今年一月の二万ポイント超えを最後に下落に転じ、十月には一時九千ポイントを割り込んだ。通貨ルピーも一ドル=四〇ルピー割れの高騰から一転、最近では一ドル=五〇ルピーを超えるほどだ。 こうした景気後退局面で、インドと米欧との経済面での結びつきの深さがいっそう目立っている。金融の世界的大手、米シティグループは十一月、バンガロールに持っていた事務業務受託子会社を五億ドルで売却することを決めた。この子会社は引き続きシティからの業務受託を続けるという。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top