インテリジェンス・ナウ
インテリジェンス・ナウ

拡大するアル・カエダの「路線対立」有力創設メンバーも「暴力」を否定

春名幹男
執筆者:春名幹男 2009年1月号
カテゴリ: 国際

 バラク・オバマ氏が勝利した米大統領選挙。その直後に、国際テロ組織アル・カエダと系列の組織が全くニュアンスの違う声明を出した。 アル・カエダのナンバー2、アイマン・ザワヒリ容疑者がインターネット上のビデオで発表した声明は、人種差別むき出しの発言。オバマ氏を白人に奉仕する黒人を意味する「ハウス・ニグロ」と非難するひどい内容だった。また、イラクからの米軍の撤退とアフガニスタンへの米軍増派を柱とするオバマ氏の新しい対テロ戦略も「失敗する運命にある」と決めつけた。 だが、イラクのアル・カエダ系武装組織「イラク・イスラム国」の指導者アブオマル・バグダディ師は、オバマ氏の当選は米軍撤退を求める自分たちの「勝利」と評価したのだ。この中で彼はあらためて米軍のイラク撤退を求めたが、同時に、撤退と引き替えに「停戦」も提案、取引の余地を残した。 ブッシュ大統領は9.11テロ後、対テロ戦争を「十字軍」と表現、イラク戦争に踏み切ったため、イスラム教原理主義組織を反米で団結させる結果になった。だが、父方の宗教がイスラム教で、子供の頃インドネシアでイスラム教の友達と遊んだ体験を持つオバマ氏が当選したことから、アル・カエダ系組織の間でも対応をめぐって混乱が起きているのだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順