NHK「ネット配信開始」の深謀

執筆者:神谷二郎 2009年1月号

「テレビ番組はテレビで、というのはもう古い。視聴者をがっちりつかめるなら、番組を届ける媒体は、パソコンでも携帯でもいいんだ」 この十二月から番組のインターネット販売を始めたNHKの幹部はそう打ち明ける。テレビ・ネット業界の注目を集める新商売「NHKオンデマンド(NOD)」は、いったんテレビで放映した番組を、ブロードバンド回線などを通じてパソコン、テレビに有料で配信するものだ。およそ八カ月の準備期間を経てスタートにこぎつけた。 配信番組には三種類ある。まず「見逃し番組」。NHKスペシャルや大河ドラマなど、一日十―十五番組を放送翌日から一週間程度配信する。次に「見逃し」に含まれるニュース番組。こちらは放送終了の約二時間後から一週間程度配信する。三つ目が、過去の番組を視聴できる「特選ライブラリー」。百三十番組、千二百本以上を揃え、今後も毎週二十本ほど追加していくという。開局以来五十年以上の放映番組を配信する「特選」はNODのキラーコンテンツだ。 一本あたりの料金は百五―三百十五円。見逃し番組とニュースの「見逃し見放題パック」は月額千四百七十円で、ほかに複数本をまとめたパック割引もある。 NODは、三年後に約三十万人の会員と四十億円の売上高を見込む。その時点で単年度黒字を達成し、二〇一三年度にはこの事業での累積損失を解消する計画だ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順