饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(132)

スペイン国王夫妻が喜んだ“答礼晩餐会”の大成功

西川恵
執筆者:西川恵 2009年1月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ

 来日十七年、東京でレストランを開くスペイン人シェフのジョセップ・バラオナ・ビニェスさん(四二)に、本国の王室儀典長フランシスコ・ノンベラ氏から国際電話が入ったのは二〇〇八年の十月半ば。 「十一月にフアン・カルロス国王夫妻が国賓として訪日されるが、天皇皇后両陛下をお招きして開く答礼晩餐会の料理の指揮をとってもらえないか」  バラオナさんは「料理人として光栄この上ないことです」と、二つ返事で引き受けた。  国王夫妻は十一月九日に来日。十日に宮中晩餐会がもたれ、答礼晩餐会は翌十一日に明治記念館で開かれることになっていた。準備期間はわずか三週間。バラオナさんとスペイン王室の儀典部門との間でメールのやり取りが続いた。  メニューは前菜、魚、肉、デザートの四品と指示があった。生まれ故郷カタルーニャの料理をモダンにアレンジするのが得意なバラオナさんは、次のようなメニューを提案した。  スペインのタパス  ひらめと帆立のロメスコクリームソース  和牛のロースト、ぶどうのソース、根菜添え  スペイン風デザート  タパスはイベリコハムやスパニッシュ・オムレツなど、一口サイズを七種類。肉料理はイベリコ豚にすることも考えたが、王室が「日本に敬意を表する意味で和牛にしよう」と決めた。付け合わせの根菜は、ビーツ、ムラサキイモ、赤・黄ニンジンなどを薄切りにし、段重ねにしてオーブンで焼いた、手の込んだ一品だ。デザートは前菜と同様、一口大のものを九種類。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順