南部に着目して読むアメリカ政治地図の変動

会田弘継
執筆者:会田弘継 2009年1月号
カテゴリ: 国際
エリア: 北米

長い目で見るとき、アメリカの政治地図は、ダイナミックな塗り替えが進んでいる。その地殻変動の核心とは――。 今回のアメリカ大統領選では、いったい何が起きたのか――。一月半を経たいま、あらためて考えてみよう。 アメリカ合衆国史上初めて黒人大統領が生まれたという歴史的な出来事の大きな背景には、何をおいてもサブプライム住宅ローン問題に端を発する未曾有の経済危機があった。その原因となった政治を変えたいと願う米国民の強い「変革」への意志があったことに、疑う余地はない。 不況の中で「変革」への風が吹いた――という、きわめて一般的な現象が起きたのである。つまり、オバマ次期政権がこの未曾有の経済危機に効果的な手をうてなければ、「変革」の風は逆方向に吹き出すこともありうる。それが、いまアメリカが置かれている状況だ。 ただ、一時的な強い「風」の現象は別として、この国の政治地図の深いところで地殻変動が起きているのではないか。そう思わせるいくつかの事象に気付かされる。 たとえば、現職上院議員から大統領になるのは一九六〇年当選のケネディ以来というのは、しばしば指摘される。だが、南部出身でない民主党大統領が選ばれるのもケネディ以来ということは、それほど言及されていない。二大政党の正副大統領候補に南部出身者(南部=ペンシルベニア州とメリーランド州の境界線であるメイソン・ディクソン線以南を基準)がいなかったのは、第二次大戦後初めてだ。「南部の重要性」に変化が起きたことを示唆している。

執筆者プロフィール
会田弘継
会田弘継 青山学院大学地球社会共生学部教授、共同通信客員論説委員。1951年生れ。東京外国語大学英米科卒。共同通信ジュネーブ支局長、ワシントン支局長、論説委員長などを歴任。2015年4月より現職。著書に本誌連載をまとめた『追跡・アメリカの思想家たち』(新潮選書)、『戦争を始めるのは誰か』(講談社現代新書)、訳書にフランシス・フクヤマ『アメリカの終わり』(講談社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
【中東大混迷を解く】 サイクス=ピコ協定 百年の呪縛
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順