中国2トップの間に吹き始めた「すきま風」

執筆者:藤田洋毅 2009年1月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中国・台湾

夫婦のように寄り添ってきた総書記と首相に、微妙な違いが見え始めた。「身内」の争いは、温攻撃を強める保守原則派の思うツボ……。「楊刀刀のお母さんはどこに消えたのか」「被和諧了(「調和」させられたのさ)」 二〇〇八年七月、「楊刀刀(ナイフの楊さん)」こと楊佳(二八)が上海市公安局の分局を襲撃した事件については、九月号(20頁)で紹介した。六人を殺害し四人に重軽傷を負わせた凶悪事件にもかかわらず、人々の怒りの的となっている公安局(警察)を襲った楊には同情が集まり、「英雄」と讃える声もネットで飛び交った。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順