もう一度「社会保障個人勘定」に注目せよ

執筆者:高橋洋一 2009年1月号
カテゴリ: 経済政策・社会保障
エリア: 日本

厚労省に任せていては、年金記録問題も、社会保障の不安そのものも解決しない。発想を変えれば、いい方法がある――。  年金記録問題の泥沼は続いている。消えた年金、消された年金、すぐ返らない年金。年金記録問題の完全解決にはこれから十年間くらいかかるだろう。  実は、社会保険庁の年金記録が杜撰であるのは政府内でかなり早くから知られていた。そこで、年金不信の払拭という大義名分で、経済財政諮問会議でも「社会保障個人勘定」の創設が議論されていた。年金・医療・介護・生活扶助の社会保障を個人単位の口座で総合的・一元的に管理した上、税金の支払いも統合できるため、トータルの給付と負担が明瞭になるのが社会保障個人勘定というシステムのアイディアだ。老後の不安をなくすことにつながる。  二〇〇一年、最初の骨太方針では、「ITの活用により、社会保障番号制導入とあわせ、個人レベルで社会保障の給付と負担が分かるように情報提供を行う仕組みとして『社会保障個人会計(仮称)』の構築に向けて検討を進める」と書かれている。当時の報道を見ると、個人単位で給付と負担の関係を明確化するために、社会保障個人勘定が創設されるとされているが、当時の坂口力厚生労働相は「損得勘定を助長する」と反論していた。年金記録問題は、それ以前にも政府内で指摘されながらも問題として顕在化していなかったので、当時もあえて寝た子を起こさないということで厚労省が拒否し、社会保障個人勘定は日の目を見なかった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
高橋洋一 1955年東京都生れ。東京大学理学部数学科、経済学部卒。80年大蔵省(現財務省)入省。小泉・安倍内閣で竹中平蔵大臣補佐官、内閣参事官として郵政民営化、特別会計改革、公務員制度改革などに関わる。2008年に退官。09年政策コンサルティング会社「政策工房」設立。『恐慌は日本の大チャンス』(講談社)、『さらば財務省!』(同、山本七平賞)など著書多数。著書に『官僚のレトリック』(新潮社)がある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順