Maybe We Can!

名越健郎
執筆者:名越健郎 2009年1月号
カテゴリ: 国際 金融
エリア: 北米

 初の黒人大統領を誕生させた2008年の米大統領選は、ケネディやレーガンを選んだ1960年、80年の大統領選をしのぐ盛り上がりだった。金融危機のさなか、「新ニューディール政策」を掲げるバラク・オバマ氏の当選で、共和党主導で30年近く続いた「小さな政府」の潮流が変わりそうだ。 黒人候補への投票ためらいを示す「ブラッドリー効果」は、「Yes we can!」の大合唱と「ブッシュ効果」の前に吹き飛んだ。 とはいえ、オバマ氏の前途には、金融危機や財政・貿易赤字、三大自動車メーカー救済など巨大な問題が待ち受ける。期待値が高い分、急降下も早いかもしれない。 オバマ氏がホワイトハウスでブッシュ大統領と政権引き継ぎ会談を行ない、米経済の諸問題についてブリーフィングを受けた。 オバマ氏がその後の演説で言った。「Maybe we can!」 オバマ氏が金融問題でブレーンに言った。「金融危機を脱出する方法を二つ思いついた。一つは神が救済してくれるのを待つこと。二つ目は、自力で立ち直ることだ」 するとブレーンが答えた。「二つ目の方法は非現実的だから検討すべきではありません」 ブッシュ大統領がオバマ氏に電話し、当選を祝福した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順