支持率「激落」政権に経産省が不可解な接近

2009年2月号
カテゴリ: 政治
エリア: 日本

 支持率の低下が止まらない麻生太郎首相から距離を置く「麻生離れ」は、自民党内にとどまらず霞が関の官僚にも浸透しつつある。ところが、なぜか経済産業省は今井尚哉官房総務課長を河村建夫官房長官の筆頭格秘書官として官邸に送り込むなど、「麻生シフト」を展開中。民主党に接近する財務省などとは対照的な動きを見せている。 今井氏の秘書官起用は河村氏から官邸機能強化の意向を聞いた“官僚と親しい”与謝野馨経済財政担当相が進言した。今井氏はかつて安倍晋三首相の秘書官も務め官邸事情に詳しいが、格下となる官房長官秘書官への就任は異例中の異例。与謝野氏も同じ経産省の嶋田隆・元官房総務課長を政務秘書官に起用しており、これに倣った形だ。次官も狙える今井、嶋田両氏を差し出した麻生内閣へのあまりの傾倒ぶりに、経産省中堅幹部は「政権崩壊とともに、うちも没落か」と自嘲気味に話す。 一方、財務省は民主党政権を想定し、小沢一郎代表と旧知の香川俊介主計局次長が民主党本部に通う日々が続いている。党独自の予算案作成で幹部らが指南を受け、小沢氏の覚えもめでたいという。他方、丹呉泰健主計局長は財務省嫌いの麻生首相の信任を予算編成作業で完全に獲得。前出の経産省中堅幹部は「素知らぬ顔で“両張り”できる抜け目のなさは霞が関でダントツ」と呆れ顔だ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順