深層レポート 日本の政治
深層レポート 日本の政治(109)

燻る「自民分裂」の火種と民主を待つ陥穽

2009年2月号
カテゴリ: 政治
エリア: 日本

 臨時国会最終盤の十二月二十四日の衆院本会議で、自民党の渡辺喜美元行政改革担当相が造反し、民主党提出の衆院解散要求決議案に賛成した。麻生政権打倒を狙う民主党にとっては、自民党内の造反の動きは歓迎すべき出来事である。特に渡辺氏の行動の裏には、自民党離党予備軍との連携の可能性を探ってきた民主党の影がちらついている。 渡辺氏の選挙区である衆院栃木三区で、民主党がいまだに次期衆院選候補者を決定していないのも、表向きの理由は「渡辺氏が選挙に強いので、立候補希望者がいない」(選対関係者)ことだとされているが、渡辺氏の離党の動きを見越して将来の連携のためにあえて空白にしてあるとも言われている。 そうした噂を実証するかのような動きがこの本会議の直後にあった。民主党の鳩山由紀夫幹事長が渡辺氏と電話で連絡をとったのだ。 鳩山氏「とても勇気のある行動でしたね」 渡辺氏「いやいや、あの解散要求決議は、私が出したいと思っていた決議案ですよ。だから賛成しました」 鳩山氏は電話での渡辺氏の言葉を聞いて、「頼もしい男だ」と思った。たしかに民主党から見れば、自民党政権を撹乱する駒のひとつとして、渡辺氏の存在は頼もしいかぎりだろう。ただ、渡辺氏の造反をきっかけに自民党内に離党の動きが広がり、政権崩壊、自民党崩壊へとつながるという民主党にとって理想的な展開になるのかと言えば、鳩山氏はそこまで楽観的ではない。翌二十五日、鳩山氏は札幌市内での講演で、「自民党政権は、がけ崩れを起こしかけている。しかし、そう簡単に大きく壊れるものではない」と慎重な見方を示した。鳩山氏の言う通り、自民党内では今、渡辺氏の造反によって、短期的にはむしろ麻生太郎首相に対する求心力が働くという奇妙な現象が生じている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順