ブッシュ・ジョークの8年

名越健郎
執筆者:名越健郎 2009年2月号
カテゴリ: 国際
エリア: 北米

 米CBSテレビの深夜トークショーのキャスター、デービッド・レターマンは「米国の政治ジョークは過去8年間、空前の活況を呈した」と自賛したが、最大の功労者ブッシュ大統領は8年の任期を終えて退陣する。 英語の文法ミスから奇妙な言動、イラク、ハリケーン、リーマン・ショックといった相次ぐ失政で、ブッシュ時代の8年はネタに事欠かなかった。「不倫」のクリントン大統領と「軽い」ブッシュ大統領の計16年で、米国の政治ジョークは異常に高揚し、ホワイトハウスの威信は低下した。 ブッシュ大統領は12月14日、任期中最後のイラク訪問時に行なった記者会見でイラク人記者から靴を2度投げつけられ、これも格好のネタを提供した。平然とかわして「今の靴のサイズは10インチだね」と巧みに切り返したのは、トークショーも顔負けだった。 記者会見でブッシュ大統領がイラク人記者の靴をかわした後言った。「今のがイラクの大量破壊シューズだ」 イラク人記者の2投目を許したことを批判された米シークレットサービスの幹部が釈明した。「申し訳ない。次期大統領の警備に没頭していたので……」 ブッシュ大統領が靴をかわすのをテレビで見たイラン軍高官が部下に指示した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順