やはり役人任せでは介護現場は救えない

出井康博
執筆者:出井康博 2009年3月号
カテゴリ: 経済政策・社会保障
エリア: 日本

 一月二十九日、百一人のインドネシア人介護士が国内各地の老人介護施設で仕事を始めた。彼らは日本が介護分野で初めて受け入れた外国人労働者だ。 神奈川県海老名市にある老人ホーム「えびな南高齢者施設」には、ルコヤさん(二六)とソンティさん(二三)という二人の女性介護士が配属された。「ル、コ、ヤ! 難しい名前でしょう?」 イスラム教徒特有の黒いベール(ヘジャブ)で頭髪を覆ったソンティさんから、たどたどしい日本語で話しかけられ、七十代後半と思しき入居者の女性が満面の笑みで応じる。「かわいいねえ……」 そんなやり取りを見て、施設を運営する社会福祉法人「中心会」理事長の浦野正男氏が目を細める。「(インドネシア人介護士)二人とも素晴らしいです。職場に溶け込もうとがんばってくれている。入居者の方にも、いい刺激になると思います」 今回就労を始めたインドネシア人介護士たちは、インドネシアと日本が結んだ経済連携協定(EPA)に基づき昨年八月、ほぼ同数の看護師と一緒に来日し、日本語の勉強を続けてきた。日本にとって初めての取り組みとあって、就労開始のニュースはテレビや新聞でも数多く取り上げられたが、「人手不足の深刻化する介護業界にあって、外国人介護士が救世主として期待される」といった報道が目立った。しかし、現場の受け止め方は違う。二人のインドネシア人介護士に満足そうな表情の浦野氏も、仕事の面で彼女たちに大きな期待はしていない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
出井康博
出井康博 1965年岡山県生れ。早稲田大学政治経済学部卒。英字紙『THE NIKKEI WEEKLY』記者を経てフリージャーナリストに。月刊誌、週刊誌などで旺盛な執筆活動を行なう。主著に、政界の一大勢力となったグループの本質に迫った『松下政経塾とは何か』(新潮新書)、『年金夫婦の海外移住』(小学館)、『黒人に最も愛され、FBIに最も恐れられた日本人』(講談社+α文庫)、本誌連載に大幅加筆した『長寿大国の虚構 外国人介護士の現場を追う』(新潮社)、『民主党代議士の作られ方』(新潮新書)がある。最新刊は『襤褸(らんる)の旗 松下政経塾の研究』(飛鳥新社)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順