饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(134)

ドッキリの場面もあったオバマ大統領「初の食事会」

西川恵
執筆者:西川恵 2009年3月号
カテゴリ: 国際
エリア: 北米

 零度前後の寒気の中で行なわれた一月二十日のオバマ大統領の就任式。大統領として最初に臨んだ食事会は、その日の昼、連邦議会で催された恒例の上下両院合同の歓迎昼食会だった。 就任式の後、オバマ大統領夫妻は、連邦議会の庭でブッシュ前大統領夫妻がヘリコプターで飛び立つのを見送ると、合同昼食会の会場にあてられた「彫刻の間」に向かった。 新しい大統領と副大統領を迎えて両院合同で昼食会を催した最初は一八九七年に遡るが、その後中断し、現在の形になったのは一九五三年から。米国民を代表して、上下両院が大統領と副大統領のコンビの門出を祝すという意味合いがある。 今回の合同昼食会は、両院議員のほか、最高裁判事、カーター、クリントン両元大統領ら二百三十七人が参加。新大統領とバイデン副大統領の両夫妻が姿を現すと、拍手と歓声が起きた。 メニューは次のようなものだった。 〈料理〉 シーフードのシチュー 鴨とキジのロースト、甘いポテト添え、チェリーとチャツネのサワーソースで デザート リンゴとシナモン風味のスポンジケーキ、アイスクリームと共に 〈飲物〉 ダックホーン ソービニョン・ブラン ナパバレー07年(白) ゴールデンアイ ピノノワール05年(赤)

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順