米欧の間で始まった非難と課税の応酬 危機で強まる保護主義

2009年3月号
エリア: ヨーロッパ

 米欧間で貿易摩擦が激化しつつある。金融危機による深刻な景気後退に加え、世界貿易機関(WTO)の新多角的貿易交渉(ドーハ・ラウンド)の停滞で、米欧ともに経済保護主義に走り始めたといえそうだ。 貿易摩擦の新たな火種になっているのは成長促進ホルモンを使った米国産牛肉。健康を損なう恐れがあるとして欧州連合(EU)諸国は一九八〇年代から輸入禁止措置を取ってきたが、米国が一月中旬に唐突に問題を蒸し返した。米国は三月から報復関税の対象品目を拡充すると通告。欧州産のロックフォールチーズやトリュフなどの関税を従来の三倍に引き上げ、穀物や肉類、ミネラルウォーターなども追加すると伝えた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順