またも「ミサイル発射」で脅す北朝鮮の古い手法

平井久志
執筆者:平井久志 2009年3月号
カテゴリ: 国際
エリア: 朝鮮半島

相変わらず「進軍のラッパを吹き鳴らす」のが好きな北朝鮮。オバマ政権に対し「ミサイル」で脅すのか関心を引くのか、その狙いは――。 三月八日、北朝鮮で最高人民会議の代議員選挙(第十二期)が行なわれる。選挙権は数え年十七歳以上の者に与えられているが、選挙区ごとの立候補者は一人で、住民は賛成投票を要求される。いわゆる民主的な選挙ではない。 実は、代議員の任期は昨年九月に切れている。おそらくは八月に選挙をしようとしたが、金正日総書記の病変で実施できなかったのであろう。今回注目されるのは、代議員の世代交代がどれほど行なわれ、最高人民会議での「国家の最高職責」である国防委員長の選出と国防委員会を構成するメンバーがどうなるかだ。 北朝鮮の指導者の選出は、下部から推されてなる「推戴」という形式を取ってきた。金総書記はすでに二月八日までに全選挙区で代議員に推された(本人が一つの区を選ぶ)。三月八日の選挙を踏まえて、おそらく三月末か四月初めに第一回会議を開き、国防委員長の三選への手続きを形式上踏んでいくだろう。 金総書記の国防委員長体制三期目のスタート。それまでに「ミサイル」が発射される可能性がある。 この原稿を書いている時点で、発射の兆候はすでにある。偵察衛星によると、ミサイルとみられる資材が一月末に平壌南方のミサイル工場から列車で積み出され、日本海に面した咸鏡北道舞水端里の発射施設近くに到着したという。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
平井久志
平井久志 ジャーナリスト。1952年香川県生れ。75年早稲田大学法学部卒業、共同通信社に入社。外信部、ソウル支局長、北京特派員、編集委員兼論説委員などを経て2012年3月に定年退社。現在、共同通信客員論説委員。2002年、瀋陽事件報道で新聞協会賞受賞。同年、瀋陽事件や北朝鮮経済改革などの朝鮮問題報道でボーン・上田賞受賞。 著書に『ソウル打令―反日と嫌韓の谷間で―』『日韓子育て戦争―「虹」と「星」が架ける橋―』(共に徳間書店)、『コリア打令―あまりにダイナミックな韓国人の現住所―』(ビジネス社)、『なぜ北朝鮮は孤立するのか 金正日 破局へ向かう「先軍体制」』(新潮選書)『北朝鮮の指導体制と後継 金正日から金正恩へ』(岩波現代文庫)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順