行き先のない旅
行き先のない旅(70)

友人を驚かせたベルギー「スパイ天国」事情

大野ゆり子
執筆者:大野ゆり子 2009年3月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ

 それは、のどかな昼下がりだった。都会にしてはテンポがゆっくりだといわれるブリュッセルで、友人のKは、語学学校で一緒にフランス語を習っているCの家に遊びにいった。 KとCは、共にアイルランド人である。外国に住んでいると、同国人というだけで話が弾むものだ。普段、外国語で気が張って暮らしているだけに、母国語での話題は尽きることがない。故郷の小さい村の話、小さい頃に流行ったテレビドラマの話、アイルランドのパブが近年の法律で全面禁煙になり、経営が危なくなった話など、いろんな話に花が咲いた。 様子が変わったのは、二人が昼食のサラダを食べ終わったころである。Cは環境問題に関心を持ち、食べるものにも気を使っていて、無農薬の野菜を「マルシェ」と呼ばれる産地直送の市場に毎週必ず買いに行くほどの、厳格な菜食主義者だった。その厳しい目で選び抜かれた野菜を食べ終え、食後のコーヒーを飲みましょう、ということになってCの顔色が変わった。コーヒーカップのセットが、昨日まであったはずの食器棚の中にない。几帳面なCのことなので、キッチンの定位置は全てきっちりと決められている。ところが、コーヒーカップのあったところは、ぽっかりとした空洞になっていて、そこにあるはずのないフォークとスプーンがクロスさせて置かれていた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
大野ゆり子
大野ゆり子 エッセイスト。上智大学卒業。独カールスルーエ大学で修士号取得(美術史、ドイツ現代史)。読売新聞記者、新潮社編集者として「フォーサイト」創刊に立ち会ったのち、指揮者大野和士氏と結婚。クロアチア、イタリア、ドイツ、ベルギー、フランスの各国で生活し、現在、ブリュッセルとバルセロナに拠点を置く。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順