自民党の「ゴルバチョフ」に?

名越健郎
執筆者:名越健郎 2009年3月号
カテゴリ: 政治
エリア: 日本

 感動的な就任演説で一躍世界のスーパースターとなったオバマ米大統領の就任後、麻生首相は「大統領が誰になっても、日米関係は変わらない」と発言した。 作家の曽野綾子さんは産経新聞のコラムで書いた。「この粗雑な感覚で発せられた一言は、日米関係の温度を何度かは確実に冷やしたと思う。総理は『オバマ氏の若い力の登場を心から祝福したい。日米両国は力を出し合ってこの難局を乗り切ろう』と言うべきだった」。 日本外務省の振り付けのまずさもあるが、日米首脳のレトリック能力の差は大きい。演説で国民を奮わせる大統領と、漢字の読み違いで国民に笑われる総理。「麻生・オバマ比較論」が日本の若者のブログで飛び交っている。 オバマ大統領の演説は、英語の修辞を学ぶのに使われる。 麻生首相の演説は、漢字の間違い探しをするのに使われる。 オバマ大統領の演説は、世界の人々に責任の重要性を教えた。 麻生首相の演説は、日本の人々に勉強の重要性を教えた。 オバマ大統領は就任宣誓の語順を言い間違え、宣誓をやり直した。 麻生首相は施政方針演説の漢字を読み間違えたが、やり直さなかった。 問 ブッシュ前米大統領がネタのジョークと、麻生首相がネタのジョークの共通点は何か?

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順