中東―危機の震源を読む
中東―危機の震源を読む(52)

ドバイとサウジアラビアの「補完関係」考

池内恵
執筆者:池内恵 2009年4月号
カテゴリ: 国際 金融
エリア: 中東

 三月の初頭に駆け足でアラブ首長国連邦(UAE)のドバイを経由してサウジアラビアの首都リヤドを訪れた。まず経由地のドバイの現状と将来を考えてみたい。 昨年十一月号(十月十八日発行)の本欄では、金融危機のドバイへの波及可能性について検討した。そこで焦点は、証券市場の下落がバブル化したドバイの不動産市場に波及するか否かにあると指摘しておいた。 湾岸ウォッチャーが息をひそめて見つめる中、決定的な衝撃を与えたのは、十月二十四日にインターネットで配信された『MEED』誌の報道。椰子の木型の人工島パーム・ジュメイラで知られる政府系不動産開発会社ナヒールが、第二の人工島パーム・ダーイラの浚渫工事を停止したというのだ。不動産需要の落ち込みと価格の下落は著しく、買い手がつかない物件が続出して市場が定まらない状態である。急激な信用収縮により、ドバイ企業は資金調達に困難をきたしている。 ナヒールは、昨年夏に欧米の著名人を集めたパーティーで派手にお披露目したトランプ・インターナショナル・ホテルの建設も停止。高さ一キロを超すビルの建設計画も凍結された。現在世界で最も高いブルジュ・ドバイを建設中のイーマールの株価は八五%も下落。二〇〇九年から一二年の間に完成を予定されていた住宅・商業用途の開発案件の五〇%が、資金難や需要の低下により、凍結か中止される見込みである。昨年九月十七日に4367だったドバイ証券市場の指標は、今年二月二十二日には1532まで下がった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
池内恵
池内恵 東京大学先端科学技術研究センター准教授。1973年生れ。東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程単位取得退学。日本貿易振興機構アジア経済研究所研究員、国際日本文化研究センター准教授を経て、2008年10月より現職。著書に『現代アラブの社会思想』(講談社現代新書、2002年大佛次郎論壇賞)、『イスラーム世界の論じ方』(中央公論新社、2009年サントリー学芸賞)、『イスラーム国の衝撃』(文春新書)、本誌連載をまとめた『中東 危機の震源を読む』などがある。個人ブログ「中東・イスラーム学の風姿花伝」(http://ikeuchisatoshi.com/)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順