厚生労働省を解体せねば国は滅ぶ

2009年4月号
カテゴリ: 経済政策・社会保障
エリア: 日本

「次の総理候補」にも擬せられている舛添大臣、あなたの改革姿勢はまやかしだ。このままでは、日本社会はずたずたになってしまう。 景気の急激な冷え込みに伴い、全国で失業などによる生活困窮者の生活保護申請が急増している。窓口となる市町村は対応に追われているが、一部では申請をさせず、他の自治体に向かわせる「たらい回し」が多いことも報じられている。「国が推奨してきた『水際作戦』が、失業者の急増で一挙に表面化したのでしょう」 ある大都市の生活保護担当課長はそう漏らす。 本来、「水際作戦」とは軍事用語で、上陸しようとする敵を海岸で撃退する戦術のこと。生活保護制度では、資産も収入もない生活困窮者が保護申請を出せば、生活費を支給することを大原則としている。ここで言う水際作戦は、申請をさせずに窓口から追い返す手法で、明らかな違法行為だ。「水際作戦を始めたのは、生活保護世帯の多かった北九州市だと言われていますが、全国に広めたのは厚生省(当時)。もちろん、文書での指示など証拠になるものは残していません。でも、市町村の担当課長を集めた会議で、厚生省のお偉い方々が北九州市を盛んに礼賛し、視察に行けと勧めていたのは確かです」

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順