日本版サブプライムが促す不動産下落第二幕

2009年4月号
カテゴリ: 経済・ビジネス 金融

海外マネーの流出で下がり続ける不動産価格に、ボーナス・給与カットが拍車をかける。下落が止まらなければ、やがて社会問題に――。「不動産が大暴落する」――。そんな不吉なことを口にする不動産関係者が増えている。 急激な景気の冷え込みで住宅需要が一気に減少。一方で業者は在庫圧縮を急ぎ、実勢の販売価格が急落を始めているのだ。東京近郊の五千万―六千万円のマンションでは、年末から二月末までのわずか二カ月の間に五%前後、額にして三百万円も値引きした例が珍しくないという。 東京・渋谷から神奈川県へと向かう東急田園都市線は、沿線に大規模な分譲住宅地が広がる。銀行や商社など大手企業のサラリーマンが多く住む地域だ。そんな高級分譲地で今、不動産会社が抱えてきた「虎の子」の売り出しが相次いでいる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順