酉島製作所の巨大ポンプが「海水淡水化」を支える――水の世界をリードする日本の「膜」技術 3

執筆者:船木春仁 2009年4月号

 過去最悪の旱魃被害が続くオーストラリア。ケアンズやゴールドコーストなど日本人にもなじみのリゾート地があるクイーンズランド州でも水不足が深刻化している。そうしたなか昨年十一月三十日、州都ブリスベンから南に一〇〇キロのニューサウスウェールズ州との州境に近いゴールドコースト市で、「淡水化の日」と銘打ったイベントが開かれた。 様子を伝える関係機関のホームページを見ると、「Gold Coast Desalination Plant First Water」という看板の前で、赤いジャンパーのような服を着た女性が、右手でグラスを掲げてほほえんでいる。クイーンズランド州初の女性首相であるアナ・ブライだ。掲げているグラスには、海水淡水化プラントから造られた水が入っている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順