「せんべい大王」も参入した中華圏のメディア再編

執筆者:八ツ井琢磨 2009年4月号
エリア: 中国・台湾

 景気後退で香港と台湾をまたぐ放送業界再編が進んでいる。口火を切ったのは台湾系食品大手、旺旺集団オーナーの蔡衍明氏(五二)。中国本土での米菓事業で財を成し、「せんべい大王」の異名を取る。昨年末に経営が悪化していた台湾の中時媒体集団を買収し、メディア業界に本格参入した。中時媒体は傘下にテレビ局二局や日刊紙二紙を擁する与党・国民党寄りの大手メディアグループだ。 さらに、二月下旬には香港へ触手を伸ばし、地上波テレビ局ATVの株約二三%を取得し、経営参加を果たした。今後は出資比率を五割近くにまで引き上げる意向とも伝えられる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順