「せんべい大王」も参入した中華圏のメディア再編

執筆者:八ツ井琢磨 2009年4月号
エリア: 中国・台湾

 景気後退で香港と台湾をまたぐ放送業界再編が進んでいる。口火を切ったのは台湾系食品大手、旺旺集団オーナーの蔡衍明氏(五二)。中国本土での米菓事業で財を成し、「せんべい大王」の異名を取る。昨年末に経営が悪化していた台湾の中時媒体集団を買収し、メディア業界に本格参入した。中時媒体は傘下にテレビ局二局や日刊紙二紙を擁する与党・国民党寄りの大手メディアグループだ。 さらに、二月下旬には香港へ触手を伸ばし、地上波テレビ局ATVの株約二三%を取得し、経営参加を果たした。今後は出資比率を五割近くにまで引き上げる意向とも伝えられる。 これに対し、香港系メディアも台湾の放送業界に食指を動かす。香港ネクスト・メディアのオーナーの黎智英氏(六〇)は、来年初めには台湾でケーブルテレビ局を立ち上げる計画だ。六十億台湾ドル(約百七十億円)以上を投じ二つのニュースチャンネルを開設する方針で、馬英九台湾総統の選挙対策参謀を務めたことで知られる金溥聡・元台北市副市長を事業責任者として招いた。 黎氏は、ファーストリテイリングの柳井正社長が事業モデルの参考にしたことでも有名な香港アパレル小売り大手ジョルダーノの創業者で、一九九〇年に香港で週刊誌「壱週間」を創刊してメディア事業に進出。その後、日刊紙「蘋果日報」を九五年に香港、二〇〇三年に台湾で創刊した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順