深層レポート 日本の政治
深層レポート 日本の政治(111)

「降りない太郎」「辞めない一郎」で続く神経戦

2009年4月号
カテゴリ: 政治 金融
エリア: 日本

 民主党の小沢一郎代表の公設第一秘書・大久保隆規容疑者が西松建設からの献金をめぐる政治資金規正法違反容疑で逮捕されたことで、政治情勢はこれまでとはまったく異なる局面を迎えた。次期衆院選後に確実視されていた小沢氏を首班とする政権樹立の可能性は小さくなり、民主党は「ポスト小沢」選びに真剣に取り組まざるをえなくなった。一方、自民党も衝撃を受けている。民主党が大事件に巻き込まれたにもかかわらず、各種世論調査での麻生内閣支持率が期待されたほどには回復しなかったからだ。 西松建設をめぐる疑惑では、二階俊博経済産業相の名前が挙がっているという自民党側にとってのマイナス要因もあるとはいえ、自民党は今回の世論調査で麻生太郎首相の不人気ぶりを改めて実感することになった。この結果、大久保秘書逮捕の直後に盛り上がった「敵失に乗じて、来年度予算成立後に一気に衆院解散」という機運は急速にしぼみつつある。小沢氏の秘書逮捕という衝撃的な出来事をもってしても、自民党は衆院選で勝ち目がないのだ。小手先の農業政策で では、国民の支持を得ていない麻生首相を交代させて新首相・新総裁の下で選挙を戦おうという動きが自民党内で強まっているのかと言えば、話はそう単純ではない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順