行き先のない旅
行き先のない旅(71)

イタリアの男たちが危ない

大野ゆり子
執筆者:大野ゆり子 2009年4月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ

 男性が女性に声をかける、いわゆる「ナンパ」というテクニックを国際比較するとしたら、恐らくイタリア人男性の右に出るものはいないだろう。以下は私が目撃した例である。 夕暮れ時のフィレンツェで、女性が一人でアルノ川沿いを歩いていた。時刻は午後六時ごろ。夕闇が少しずつあたりを覆い、沈みかける太陽が水面に映って、きらきらと黄金色に輝いている。そこに偶然通りすがった(ように見える)男が、「美しい夕焼けだよね」と女に話しかけた。ここで「いいえ」という女はまずいない。相手の意図がわからないから、とりあえず「そうね」とか、「ええ、ほんと」とかいう相槌になる。そうすると、「今、旅行中?」とか、「ここに住んでるの?」とか、会話の輪は回転を始める。 ある時はミラノのデパートの旅行用品売り場。スーツケースを探している女性と、偶然(のように)同じスーツケースを手に取ってしまった男が、「失礼」と爽やかな笑顔を見せた後、「あなたも旅行準備?」と話しかけていた。 これも、「そうなの」とか、「夏のバカンス用の下見よ」とか、何か先に話が進むだろう。 日本のナンパの常套句(だった?)、「お茶でも飲みませんか?」などというフレーズで、女性が「はい」と答える確率は、限りなくゼロに近い。イエスかノーか言いにくい状況を作り、たまたま偶然の雑談なのかしら、と思わせて警戒心を解き、会話をはずませて気が合うかどうか様子を見る。そのあたりの呼吸が、イタリア人男性は天才的に上手い。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
大野ゆり子
大野ゆり子 エッセイスト。上智大学卒業。独カールスルーエ大学で修士号取得(美術史、ドイツ現代史)。読売新聞記者、新潮社編集者として「フォーサイト」創刊に立ち会ったのち、指揮者大野和士氏と結婚。クロアチア、イタリア、ドイツ、ベルギー、フランスの各国で生活し、現在、ブリュッセルとバルセロナに拠点を置く。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順