80時間世界一周
80時間世界一周(56)

イギリス海賊の「母港」プリマスを訪ねて

竹田いさみ
執筆者:竹田いさみ 2009年4月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ

 ロンドン・パディントン駅から西南へ向かう列車に揺られること三時間半。英国を代表する港町プリマスに着いた。閑散とした駅のホームから小さな改札口を抜けると、英海軍(ロイヤル・ネイヴィー)の巨大な看板が眼前に現れ、プリマスが正真正銘の軍港であることをいやがうえにも実感する。 駅舎から二十分ほど歩くと、荒々しい海を見下ろす小高い丘「ザ・ホウ(鍬)」に辿り着く。英国人として初めて世界周航に成功したサー・フランシス・ドレークの銅像が聳え、海の守り神としてイギリス海峡(ザ・チャネル)に睨みをきかす。凜々しいドレーク像と肩を並べて、スペイン無敵艦隊(アルマダ)との海戦で勝利した記念碑が建つ。ここが「七つの海」を制覇した英海軍の最前線であった名残をとどめるかのように。 英国では、短くも爽やかな夏が終わると秋を一足飛びに越え、いきなり長く厳しい冬がやってくる。海からの容赦ない寒風に横殴りの雨や雪がまじると、一瞬にして全身の感覚が失われる。この海と空をキャンバスに描くとしたら、重苦しい鉛色か。希望をもたらすうららかな日差しなど望むべくもない。かくも陰鬱な自然の中で、イギリス人はプリマス港から小船を操って大海に挑んできた。北米大陸を目指した清教徒(ピューリタン)の一群が船出したのも、プリマス港の片隅にある小さな岩場からであったと聞く。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
竹田いさみ
竹田いさみ 獨協大学外国語学部教授。1952年生れ。上智大学大学院国際関係論専攻修了。シドニー大学・ロンドン大学留学。Ph.D.(国際政治史)取得。著書に『移民・難民・援助の政治学』(勁草書房、アジア・太平洋賞受賞)、『物語 オーストラリアの歴史』(中公新書)、『国際テロネットワーク』(講談社現代新書)、『世界史をつくった海賊』(ちくま新書)、『世界を動かす海賊』(ちくま新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順