スポーツ写真を守りたい

執筆者:田口有史 2009年4月号
カテゴリ: スポーツ

「スポーツを撮るカメラマンなんていなくなるかもしれない」 近年、華やかなスポーツイベントの舞台裏で、こんなセリフを耳にすることが多くなった。 私がスポーツ撮影を仕事にするようになって二十年近い。この間にスポーツフォトグラフィーの世界は二度、大きな変化の波を迎え、世界経済危機とも重なった現在の二つ目の大波の中で、フリーランスのスポーツフォトグラファーは“絶滅危惧種”になってしまった。 一度目の波はカメラのオートフォーカス化だ。それ以前のスポーツフォトの世界は、まず「動いている被写体にピントを合わせることができる」というのがプロとしての第一条件だった。 F1のレースカーやスキーの滑降のように何百キロもの速度で走る被写体もあれば、私の専門のアメリカの三大プロスポーツ、すなわち野球、バスケット、アメフットのように、選手の瞬時の方向転換にも付いていきながらシャッターチャンスを捉えなければならない場合もある。プロは、そんなスピードや意外な動きに対しても、ピントを手で合わせながらシャッターを切る。あるいは、被写体が動いてくるポイントを経験から予測し、事前にピントを合わせておき、そこに被写体が来た瞬間にすかさずシャッターを押す。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順