原油暴落でも「したたかな中東」は沈まない

執筆者:五十嵐卓 2009年5月号
エリア: 中東

中東経済は終わった――果たしてそうだろうか。原油一本槍の恐ろしさを知る産油国は、すでに未来を見据えて着々と手を打っている。 昨年七月に米WTI原油先物が一バレル=百五十ドルに迫ったころ、世界のメディアは半ば羨望を込めて、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイを盛んに取り上げた。ドバイ自体の原油生産量は少ないが、サウジアラビアなど周辺産油国からオイルマネーを吸い寄せ、空前の繁栄を謳歌していたからだ。時あたかも街の中心部で世界最高層ビル「ブルジュ・ドバイ」の建設が進み、地元の不動産や株式の暴騰が話題になっていた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順