世界最大の「インド総選挙」観戦ガイド

執筆者:プレム・モトワニ 2009年5月号
カテゴリ: 国際

インドの政治では何が起こるかわからない。その“観戦ポイント”を解説し、壮大な選挙戦の裏側を読む。[ニューデリー発]世界最大の選挙であるインドの第十五回総選挙がスタートした。日本の衆議院にあたる下院の選挙で、五百四十三の議席(うち百二十議席は指定カースト・部族向け)に対し、五千人以上が立候補する。インドの有権者は約七億人。八十万カ所に投票ブースが設置され、百万台以上の電子投票機が投入される。投票日を五回に分け、約一カ月(四月十六日―五月十三日)かけて選挙を実施することからも、その途方もない規模が分かるだろう。 インドの代表的な政党には、現与党の国民会議派(以下、会議派)と前与党のインド人民党(BJP)がある。インドでは一九八〇年代まで会議派による一党支配が続いたが、ラジーブ・ガンジー(九一年に暗殺)などのカリスマ的な指導者が去ったことで党勢が後退。もう一つの全国政党であるBJPが、ヒンズー至上主義のイデオロギーを掲げて党勢を伸ばした。今回もこの二党を中心に選挙戦が展開されるが、忘れてならないのが地方政党の存在である。インドの独立直後からカーストや宗教を始めローカルなテーマを掲げる地方政党が多数存在している。九〇年代以降、全国政党が単独過半数を取れなくなったため、会議派かBJPが中心となり、二十以上の地方政党を集めて連立政権を形成するパターンが一般化した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順