行き先のない旅
行き先のない旅(72)

外国語「サバイバル習得法」

大野ゆり子
執筆者:大野ゆり子 2009年5月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ

 夫の新しい職場であるフランス・リヨン市で、年のうち数カ月を過ごすことになった。クロアチア、イタリア、ドイツ、ベルギーに続いて、生活する国は五カ国目になる。いろいろな国に住み、一応は夫婦とも英、独、仏、伊の四カ国語を話すので褒めてくださる方もあるのだが、何しろ、土地に住んでから待ったなしで始める「サバイバル習得法」。時々、大きな基本が抜け落ち、冷や汗が出るような恥ずかしい思いをすることがある。 先日、ベルギーでドイツ人の友人とレストランに行った。この友人はフランス語を習い始めたばかりなので、使ってみたくてたまらない。「ねえ、『スプーン下さい』ってフランス語で何というの?」と聞かれ、私たち夫婦は顔を見合わせた。スプーン? スプーンねぇ、頭の中で「匙」を意味する何カ国語かが、がらがらという抽選の玉のように、ぶつかっては出そうなものの、肝心のフランス語は全く出てこない。フランス語生活は六年のはずである。「そうか、君たち、お箸を使うから、匙はいらなかったんだね」と友人は勝手に納得し、話は終った。 夫が日常的に使うのは、オペラに関係した単語である。つまり、「愛」「嫉妬」「憎しみ」「裏切り」「殺し」といった語彙。めくるめく愛のときめき、めらめらとした嫉妬、にえたぎる憎しみ、渦巻く殺意――こういった主人公の心理などを、指揮者は歌手やオーケストラに説明し、自分のイメージする音を作り上げていく。なので、ちょっと浮世離れした単語が、夫の英語、ドイツ語、イタリア語、フランス語での「日常単語」なのである。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
大野ゆり子
大野ゆり子 エッセイスト。上智大学卒業。独カールスルーエ大学で修士号取得(美術史、ドイツ現代史)。読売新聞記者、新潮社編集者として「フォーサイト」創刊に立ち会ったのち、指揮者大野和士氏と結婚。クロアチア、イタリア、ドイツ、ベルギー、フランスの各国で生活し、現在、ブリュッセルとバルセロナに拠点を置く。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順