磐石「プーチン体制」を揺るがすロシア軍幹部「大粛清計画」

2009年6月号
カテゴリ: 国際
エリア: ロシア

 メドベージェフ大統領との双頭体制スタートから一年が過ぎてなお、ロシア最高権力者の座を堅持しているプーチン首相だが、ロシア軍の実力者の一人とされていた軍参謀本部情報総局(GRU)トップの更迭をめぐり、軍との間に軋轢が生じているようだ。 四月末、GRUのコラベリニコフ局長が引退し、後任にシュリャフトゥロフ次長が昇格する人事が発表された。一見、通常の人事にも見えるのだが、モスクワの消息筋によれば、実はコラベリニコフ局長はプーチン首相の進める軍近代化計画に反対してきた。そのため、今回の人事は、事実上の解任とも見られているのだという。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順