ロシアづく小泉元首相 今度はサンクト訪問計画

2009年6月号
カテゴリ: 国際 外交・安全保障
エリア: ロシア 日本

 小泉純一郎元首相がロシアづいている。今年二月、極東のサハリンで麻生太郎首相とメドベージェフ大統領が首脳会談をした際、モスクワを訪問した小泉氏は、密かにプーチン首相と会談したとされる。 その小泉氏がプーチン訪日後の六月四―六日、首相のお膝元であるサンクトペテルブルクを訪問する計画が進んでいる。 名目は第十三回国際経済フォーラムへの参加だが、メドベージェフ大統領やプーチン側近のスルコフ大統領府第一副長官らも参加予定で、ロシア政権中枢との接触が予想される。 小泉氏はかつて、田中真紀子氏を外相に起用し、鈴木宗男氏らが主導してきた日露関係を一気に悪化させた「過去」があるだけに、対露外交窓口としては不適任との声もある。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順