経済の頭で考えたこと
経済の頭で考えたこと(16)

インド・中国の「孤立」回避へ日本がすべきこと

田中直毅
執筆者:田中直毅 2009年6月号
カテゴリ: 国際 経済・ビジネス

 信用収縮からの回復にあたってインドや中国などの勃興経済(エマージングエコノミー)への期待が高まると、他方で「新主役」の行儀作法や挫折に至りかねない脆弱性についての指摘も次々と登場するようになった。世界の新秩序形成までには、われわれは一山も二山も乗り越えなければならないだろう。 勃興経済そのものがもつ活力、一言でいえば潜在成長力への驚嘆の念が先進国側にあるため、世界秩序をテーマとした会議へ彼らの代表者を呼びよせることはもはや不可欠の手続きとなっている。欧米と日本からの参加者が多数で、インド、中国からはそれぞれ少数しか招かれないという非政府の国際会議での雰囲気はどれも似ている。そこでは欧米、日本側が「勃興経済」側への「苦情」を述べることから始まる。相当な異質性を感じざるをえないからだ。 インドは孤立している(アイソレイテッド)と表現されることもしばしばだ。確かに非同盟を掲げた外交を一貫してとってきたのだから、同盟を前提とした欧米や日本と異なるのは当然であろう。しかし東西冷戦を主体性をもって生き抜くためには、インドにとって非同盟は価値そのものであったはずだ。 孤立との表現はもちろん外交姿勢に対してではない。たとえば「法の支配」に対してもこの表現が用いられることがある。民主主義と市場経済の実践を積み重ねた長い歴史をもつ国々にとっては契約の自由を背景とした「法の支配」はグローバリズムを支える背骨に当るものだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
田中直毅
田中直毅 国際公共政策研究センター理事長。1945年生れ。国民経済研究協会主任研究員を経て、84年より本格的に評論活動を始める。専門は国際政治・経済。2007年4月から現職。政府審議会委員を多数歴任。著書に『最後の十年 日本経済の構想』(日本経済新聞社)、『マネーが止まった』(講談社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順