世界シェア四割「太陽電池」を支える下町の「慎重居士」

執筆者:杜耕次 2009年6月号

この不況下にもかかわらず今期も最高益更新を見込むメーカーが、東京・南千住にある。社長は、これまで二度の経営破綻を経験した。モットーは「会社を潰さないこと」。その経営哲学とは――。 挫折は人を大きくする、という。トヨタ自動車、ソニー、日立製作所――。日本を代表する大企業の社長が業績急落とともに次々と経営の第一線を去り、後継者たちが底知れぬ不況の底を怖々とのぞき込んでいる中で、「ものづくり大国」を地で行くメカトロニクス企業が東京の下町から彗星のごとく登場した。 太陽電池製造装置メーカーのエヌ・ピー・シー(NPC)。素子(セル)を繋ぎ合わせてソーラーパネルにする後工程製造装置で四割の世界シェアを握る。会社設立は十七年前。二〇〇七年に東証マザーズに上場した。今期(〇九年八月期連結)の売上高は前期比五五%増の百四十五億円、営業利益は同七〇%増の二十三億円と大幅な最高益更新を見込む。 追い風は強まる。米新大統領は温暖化対策と景気浮揚の二兎を追うグリーン・ニューディール政策を掲げる。NPCの売上高に占める海外比率は実に九割強。株式市場では昨年末から「オバマ銘柄」として、しきりに持てはやされている。さながら金鉱脈を掘り当てた「ものづくりベンチャー」との見立てだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順