国境地帯一の軍事指導者メスードは第二のビン・ラディンか

執筆者:栗田慎一 2009年6月号
カテゴリ: 国際

[ニューデリー発]「わが同志の偉業だ。米国よ、思い知るがいい」。四月三日、米ニューヨーク州郊外の移民支援施設で起きたベトナム系移民による銃乱射事件。一報が世界を駆け巡った直後、パキスタン北西部の山岳地域を拠点に対米闘争を指揮する武装勢力司令官ベイトラ・メスードが、地元記者たちの電話取材に得々と語ってみせた。 メスードは国際テロ組織アルカイダとも関係を持ち、アフガニスタン国境地域を拠点にパキスタン軍と戦闘を続ける武装勢力の連合組織「パキスタン・タリバン運動」の指導者。二〇〇七年のブット元首相暗殺の黒幕と言われ、今年三月にはパンジャブ州のラホール郊外で警察学校を狙った襲撃事件、最近ではパキスタン国内で頻繁に起こる自爆テロを首謀しているとされ、国境地帯で今最も力を持つ人物だ。 冒頭の銃乱射事件は、〇一年の米同時テロが起きた同じ州とはいえ「国際テロ」とは程遠いもの。タリバンやパキスタンの反米武装勢力は「自衛戦」を建前にしており、地域外への攻撃はないとみられてきた。しかし、三月二十七日にオバマ米大統領が発表した米軍増派を柱とするアフガニスタン新戦略に対し、メスードが「ホワイトハウスを火の海にする」と初めて米本土攻撃を口にしていただけに、地元記者は「悪い冗談だと思いつつも背筋が凍った」と振り返る。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順