イラン大統領選「ムサビ支持票」の行き場

執筆者:池滝和秀 2009年7月号
カテゴリ: 国際 金融
エリア: 中東

[テヘラン発]破壊されたバス停。焼け焦げた金融機関や大学の学生寮。そして散乱する薬莢――。六月十二日に行なわれたイラン大統領選挙で、保守強硬派のアフマディネジャド大統領が改革派のムサビ元首相をダブルスコアで下したと発表されると、テヘラン市内で若者たちの怒りが大規模デモとなって爆発した。 選挙戦は一九七九年のイスラム革命以来の熱狂を見せた。街にはムサビ陣営のシンボルカラーである緑色があふれ、「緑の革命」とも呼ばれた。支持者の多くがムサビ氏の勝利か、少なくとも決選投票にもつれ込む接戦を予想していただけに、結果発表に「不正」のにおいを嗅いでいた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順