決断できない男「麻生太郎首相」の悲しき末路

執筆者:浜健太郎 2009年7月号
カテゴリ: 政治
エリア: 日本

 その数日前、番記者との懇談で、「西川(善文・日本郵政社長)のクビに乾杯。西川を続投させるかどうかは、麻生首相が判断するのではなく、俺が判断するんだ」と豪語していた鳩山邦夫総務相が六月十二日、ついに辞任した。自民党の支持率はこれでさらに降下。だが、党内の苛立ちの矛先が向かっているのは、鳩山氏ではない。決断できない男・麻生太郎首相にである。 衆議院選挙を控え、この問題の長期化による政権へのダメージを懸念する与党内からは、早期解決に向け、麻生首相が指導力を発揮しないことへの批判が日増しに高まっていた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top