80時間世界一周
80時間世界一周(59)

列強に翻弄されたスリランカの「特産物」

竹田いさみ
執筆者:竹田いさみ 2009年7月号
カテゴリ: 国際

 インド洋に浮かぶ「紅茶の国」スリランカ。日本からの唯一の直行便であるスリランカ航空を使うと、十時間でコロンボの国際空港に到着する。その他の渡航方法となると、シンガポール航空を乗り継ぐか、タイ国際航空でバンコク経由、あるいは香港経由でキャセイパシフィック航空などを利用するしかない。 スリランカの政情が不安定になって以来、シンガポール航空は夜の帳が下りたコロンボ空港での離着陸を避けるため、フライトの時刻を大幅に変更した。シンガポール経由の場合は、少なくとも九時間のタイムロスを覚悟しなければならない。いつも思うのだが、世界中でこの航空会社ほど、相手国の政情をフライトスケジュールに反映させるエアラインはない。 ここ数年、スリランカと言えば、内戦のニュースが国際報道の中心である。全人口二千万人の七割を占めるのは仏教系のシンハラ人で、彼らが中央政府を牛耳っている。それに対して、人口の二割に満たずヒンドゥー教徒が多いタミル人は分離独立を求め、過激派は「タミル・イーラム解放のトラ(LTTE)」を結成して武力闘争に訴え、首都や政府要人を標的に自爆テロ攻撃を繰り返してきた。 LTTEはインド南部のタミル人社会からの支援で、独立運動を長年続けることができた。LTTEの組織化に際しては、インドの首相直属の情報機関RAW(調査分析局)が、インディラ・ガンジー首相の時代に、資金とノウハウを提供したとされる。スリランカ内戦にはインドの影が見え隠れする。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
竹田いさみ
竹田いさみ 獨協大学外国語学部教授。1952年生れ。上智大学大学院国際関係論専攻修了。シドニー大学・ロンドン大学留学。Ph.D.(国際政治史)取得。著書に『移民・難民・援助の政治学』(勁草書房、アジア・太平洋賞受賞)、『物語 オーストラリアの歴史』(中公新書)、『国際テロネットワーク』(講談社現代新書)、『世界史をつくった海賊』(ちくま新書)、『世界を動かす海賊』(ちくま新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順