日本 「言語政策」なき英語教育と現場の困惑

執筆者:草生亜紀子 2009年8月号
カテゴリ: 文化・歴史 社会
エリア: 日本

「ベリーグッドだねー」 東京都内のある公立中学一年生の英語の授業を参観した。些細なことかもしれない。だが「ベリーグッド」と英語で言い切るのでなく、「だねー」と加えたところに、「英語を話す」ことに対する教師の照れが見えた。英語の必修化が決まり、にわかに英語を教えることになった小学校の「素人」英語教師ではない。大学で英語を専攻したプロが英語を話すことに照れていて、生徒が英語を使うようになるものだろうか。 どうすれば英語を使えるようになるのか――日常生活で英語を使う必然性のない日本で、これは「永遠の課題」かもしれない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順