ブックハンティング・クラシックス
ブックハンティング・クラシックス(52)

「陥穽」があるからこそ魅力的なE. H. カーの徹底したリアリズム

執筆者:佐瀬昌盛 2009年8月号
カテゴリ: 文化・歴史 書評

『危機の二十年 1919―1939』E. H. カー著/井上茂訳岩波文庫 1996年刊(1952年、岩波現代叢書より刊行。現在は古書としてのみ入手可能)「力は、それが行使されようと、脅しに用いられようと、静かに保持されていようと、国際的変革における核心の要因である。そして変革は一般的に言って、力を発動し得る者、あるいは発動名義人の利益としてのみ成就されるであろう。『力の脅しに屈する』ことは、平和的変革の過程にみられる通常の一階梯である」。「力は、あらゆる政治的秩序に不可欠な要素である。……国際秩序という考えは(英国という)優越した一強国によって創られた」。が、この強国は武力的にも、通貨・貿易面でも凋落した。「しからば、国際秩序はいかなる力によって再建されることになるのか」(引用訳文は本稿筆者による)。 一九三九年九月に四十七歳で『危機の二十年』を世に問うたE. H. カーは、そう論じた。世界はナチス・ドイツという新しい強国による力の脅し(対チェコスロヴァキア)と、力の行使(対ポーランド)とを目撃したばかりだった。第一次大戦終結の一九一九年から始まった危機の二十年に終止符が打たれ、大戦の季節の再来である。ところが、多少乱暴に要約すると、カーはこの横車が国際秩序に必要な――「平和的」ではないが――「変革」をもたらすと考えた。だから「きたるべき平和の構築者のために」との扉辞が付された。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
佐瀬昌盛 防衛大学校名誉教授。1934年生れ。東京大学大学院修了。成蹊大学助教授、防衛大学校教授、拓殖大学海外事情研究所所長などを歴任。『NATO―21世紀からの世界戦略』(文春新書)、『集団的自衛権―論争のために』(PHP新書)など著書多数。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順