テヘランとフロリダの距離

名越健郎
執筆者:名越健郎 2009年8月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中東 北米

 接戦が予想された6月のイラン大統領選は、保守強硬派・アフマディネジャド大統領の圧勝と発表されたことから、改革派のムサビ元首相に結集する若者らが決起し、100万人規模の反政府運動に発展。イスラム神権政治は1979年のイラン革命後最大の危機に直面した。 若者らは「不正選挙」に抗議してグリーンのシャツや横断幕を掲げて行進。「緑の革命」と呼ばれた。首都テヘランなどでは警官隊や民兵組織がデモ隊に発砲し、死者も出た。政権側は再集計を約束したが、デモ隊の再選挙実施要求は収まらない。 状況はなにやら、ブッシュとゴアの間で決着がつかなかった2000年米大統領選のフロリダ州での延長戦を彷彿とさせる。 イラン大統領選の再集計後、最高指導者、ハメネイ師が結果を発表した。「当選したのは、ジョージ・W・アフマディネジャドだ」 アフマディネジャド大統領が票の再集計のため、米国に選挙管理専門家の派遣を要請した。「ただしフロリダ州の選管に限る」 イラン中央選管が大統領選の開票結果を公表した。 アフマディネジャド候補 63% ムサビ候補 34% ラルフ・ネーダー候補 3% ムサビ元首相が票の全面的な数え直しを要求した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順