ターゲットを絞り込んだインドネシア・テロの新たな戦術

竹田いさみ
執筆者:竹田いさみ 2009年9月号
カテゴリ: 国際

 夏休みにもかかわらず、バリ島やジャカルタへの外国人観光客数が急減している。インドネシア政府は日本や韓国、豪州などで緊急観光キャンペーンを展開しているが、七月十七日にジャカルタ市内の米系高級ホテル二軒が爆破されたことで、観光客の足が遠のいているのだ。金曜日の朝食時間帯を狙った今回のテロにより、九人が死亡し、重軽傷者は五十人を超えた。 インドネシアでは二〇〇二年から〇五年にかけて毎年、爆弾テロが起こされた。だが、今回は特定の施設や人物をピンポイントでターゲットにしており、これまでと根本的に異なる。 狙われた二軒のホテルは、隣り合わせで聳えるJ. W. マリオットとリッツ・カールトン。マリオットは〇三年の爆弾テロ事件でも甚大な被害を受けた。とりわけ注目されるのは、自爆テロ犯の行動だ。二日前からマリオットに宿泊し、部屋で爆弾を組み立てた犯人は、エレベーターで移動。地元のインドネシア人でごった返すメイン・ダイニング・レストランには見向きもせず、反対方向に向かい、米系投資顧問会社「キャッスルアジア」が外資系ビジネスマンを集めて毎週金曜日に開催している朝食会の会場入口で自爆テロに及んだのである。 朝食会の主催者は、インドネシアで鉱物・エネルギー開発を手掛けてきた米国人ジェームズ・キャッスル氏。ジャカルタを拠点に三十年以上にわたって開発を手掛けてきたキャッスル氏は、政財界に屈指の人脈をもち、インドネシア経済を陰で操っているといわれる。ちなみに夫人は日本人だ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
竹田いさみ
竹田いさみ 獨協大学外国語学部教授。1952年生れ。上智大学大学院国際関係論専攻修了。シドニー大学・ロンドン大学留学。Ph.D.(国際政治史)取得。著書に『移民・難民・援助の政治学』(勁草書房、アジア・太平洋賞受賞)、『物語 オーストラリアの歴史』(中公新書)、『国際テロネットワーク』(講談社現代新書)、『世界史をつくった海賊』(ちくま新書)、『世界を動かす海賊』(ちくま新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順