ヒュームが考察した「貿易の嫉妬」と市場社会の未来

執筆者:堂目卓生 2009年9月号
カテゴリ: 経済・ビジネス

 十八世紀のヨーロッパにおいて、人間学があらゆる学問の基礎になると強く主張したのは、イギリスの哲学者デイビッド・ヒューム(一七一一―七六)である。 ヒュームは、人間界についてはもちろん、自然界についても、それを知覚し理解するのは人間なのであるから、私たちはまず「人間とは何か」ということから考察しなくてはならないと考えた。そして、人間は、聖書に即して神秘的に理解されるのではなく、ニュートンの方法、すなわち経験と観察を通じて理解されるべきだと考えた。彼の『人間本性論』(一七三九―四〇)は、こうした目的と方法にもとづいて書かれた人間学の金字塔である。『人間本性論』は、「知性について」「情緒について」「道徳について」の三編からなる。最初の二編は、個人がどのようにして外的世界を理解するか、そして個人のさまざまな情緒はどのような知覚の仕組みを通じて形成されるのかを扱う。一方、第三編では、人間が社会秩序をどのようにして形成するかという問題を扱う。 人間は自分の安全を守りたいという利己的な動機から社会を形成し、他人の生命や財産を侵害しないかわりに自分の生命や財産も侵害させないという「黙約」をとり結ぶ。この黙約を基礎に「正義の規則」が樹立され、さらに、正義の規則の侵犯によって引き起こされる被害者の憤慨に人びとが共感することによって、正義は守るべき「徳」となる。こうして社会秩序が形成される。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
堂目卓生 大阪大学大学院教授。1959年生れ。京都大学大学院博士課程修了(経済学博士)。18世紀および19世紀のイギリスの経済学を専門とし、経済学の思想的・人間学的基礎を研究。おもに英語圏の学術誌で論文を発表してきた。著書『アダム・スミス――「道徳感情論」と「国富論」の世界』(中公新書)でサントリー学芸賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順