「ジャパンエキスポ」と日本の「文化外交力」

渡邊啓貴
執筆者:渡邊啓貴 2009年9月号
カテゴリ: 国際 文化・歴史
エリア: ヨーロッパ

十回目を迎えたフランスの「ジャパンエキスポ」は今年も大盛況。日本ブームを「外交力」に結びつけるためには――。[パリ発]今年もパリに日本の夏がやって来た。七月はじめパリ郊外ノール・ヴィルパントで、今年で十回目となる日本ポップカルチャー見本市「ジャパンエキスポ(Japan Expo)」が開催された。コスプレの若い男女が、まさにマンガ・アニメからそっくり抜け出した格好で会場を闊歩する。もともと日本のマンガ・アニメの主人公たちの体型は欧米人の足長八頭身から来たものが多いので、思わずはっとするような少年少女も発見する。忍者マンガ「ナルト」の人気は今年も健在で、去年同様に会場の真ん中に大きな看板が出ていた。ヴィルパントの広い会場が文字通り夏の暑さと若い人いきれで三十分も立っていると眩暈がしそうなくらいの熱気に包まれていたが、ここでは日本が主人公であるだけに悪い気はしない。 今年は、例年参加している日本政府観光局のビジット・ジャパン・キャンペーン、自治体国際化協会のブースに加えて、外務省・経済産業省が積極的な支援体制をとったこともあり、日本のマスコミもこれまでにない関心の高さを示した。外務省の「カワイイ大使」の二人が参加したトークショーやサイン会、ラ・フォーレ原宿と協力した「日本のヤングファッションショー」、経産省のコンテンツ産業紹介を目的としたマンガなどの見本市「コ・フェスタ」のブースもにぎわっていた。フランス人の本職モデルがカワイイ大使と一緒にキティちゃんファッションでステージを歩いたときは、筆者もさすがに時代の変化を痛感せざるをえなかった。国際交流基金が有する世界最大規模の文化センターであるパリ日本文化会館でも同様のファッションショー、アニメ放映、原作者のトークショーなどが企画された。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
渡邊啓貴
渡邊啓貴 東京外国語大学大学院総合国際学研究院教授。1954年生れ。パリ第一大学大学院博士課程修了、パリ高等研究大学院・リヨン高等師範大学校客員教授、シグール研究センター(ジョージ・ワシントン大学)客員研究員、在仏日本大使館広報文化担当公使(2008-10)を経て現在に至る。著書に『ミッテラン時代のフランス』(芦書房)、『フランス現代史』(中公新書)、『ポスト帝国』(駿河台出版社)、『米欧同盟の協調と対立』『ヨーロッパ国際関係史』(ともに有斐閣)『シャルル・ドゴ-ル』(慶應義塾大学出版会)『フランス文化外交戦略に学ぶ』(大修館書店)『現代フランス 「栄光の時代」の終焉 欧州への活路』(岩波書店)など。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順