80時間世界一周
80時間世界一周(61)

民族モザイク地帯を貫く「新シルクロード」の不安

竹田いさみ
執筆者:竹田いさみ 2009年9月号
カテゴリ: 国際

 世界遺産のブハラやサマルカンドで知られるウズベキスタンは、中央アジア観光の拠点。日本人観光客があこがれるシルクロードの結節点であり、首都タシケントからは近隣のカザフスタン、キルギス、タジキスタン、トルクメニスタン方面にフライトが整備されている。 周囲を山や砂漠に囲まれ、二つ以上の国を通過しないと海へ出ることができないウズベキスタンにとって、陸のシルクロードと空のエアルートは生命線である。中国内陸部の西安や蘭州から西へ延びるシルクロードは新疆ウイグル自治区の区都ウルムチを経由して天山山脈などを越え、ウズベキスタンに通じる。ウイグル人、カザフ人、そしてウズベク人らのイスラム商人は、数百年もの間、乾燥しきった大地に交易の歴史を刻んできた。 一方、観光客がウズベキスタンを訪れるには、民間航空機に頼るしかない。日本からはウズベキスタン航空が直行便を飛ばし、韓国ではアシアナ航空が定期便を就航させている。北京、バンコク、デリー、モスクワ、イスタンブール経由のフライトもあるが、乗り継ぎがスムーズではない。 陸と空に加えて、今年からパイプラインという新たなルートが誕生する。大量の石油と天然ガスを休みなく運ぶ、二十一世紀のシルクロードだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
竹田いさみ
竹田いさみ 獨協大学外国語学部教授。1952年生れ。上智大学大学院国際関係論専攻修了。シドニー大学・ロンドン大学留学。Ph.D.(国際政治史)取得。著書に『移民・難民・援助の政治学』(勁草書房、アジア・太平洋賞受賞)、『物語 オーストラリアの歴史』(中公新書)、『国際テロネットワーク』(講談社現代新書)、『世界史をつくった海賊』(ちくま新書)、『世界を動かす海賊』(ちくま新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順