「キング・オブ・ポップ」の死

名越健郎
執筆者:名越健郎 2009年9月号

 1984年、バンコクのカフェで、マイケル・ジャクソンのミュージックビデオ「スリラー」が上映された時、タイの若者が戦慄し、総立ちになったのを覚えている。狼男に変身したり、ゾンビと踊る奇抜さ、歌や踊りの卓越した娯楽性に、世界的エンターテイナーの登場を実感した。 当時はレーガン大統領がベトナム戦争後遺症を克服し、「強いアメリカ」を志向していた時期。マイケル・ジャクソンは米国の復活を後押しした。同年にはホワイトハウスを訪れ、レーガンと会見。レーガンは日記に「シャイな青年」と書いた。 だが、少年への性的虐待疑惑、度重なる整形疑惑、多くのゴシップや多額の借金など、「キング・オブ・ポップ」はスキャンダルでもスーパースターだった。6月25日の衝撃的な死のあと、様々な“マイケル伝説”がネットを賑わせた。 問 マイケル・ジャクソンと元セクシー女優のファラ・フォーセットが同じ日に亡くなったのはなぜか? 答 マイケルが、「白人女性の死」のニュースをファラ・フォーセットに独占させたくなかったからだ。 マイケル・ジャクソンが天国の門を叩くと、神がM.J.のCDを聞きながら出てきた。「You are“BAD”」「Beat It」(出て行け!)

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順